キャバリア4匹と…すが

キャバリア4匹と生活している動物大好き人間が、動物についてや日々の出来事等を書いています。

ヨークシャーテリアの歴史、特徴、毛色について

みなさんこんにちは!  すがです 

今回は光沢のある非常に細い被毛を持ち、『動く宝石』と呼ばれる

ヨークシャーテリアの歴史、特徴、毛色

についてお話します。

ヨークシャーテリアのしつけ、育て方、注意する病気・症状について知りたい方はこちら↓ 

www.sugariku.com

歴史 

イギリス原産のヨークシャーテリア。愛称として「ヨーク」や「ヨーキー」とも呼ばれています。

その美しい毛並みから『動く宝石』と呼ばれています。

その当時は愛玩犬ではなく、作物を荒らすネズミを捕るために19世紀のイギリス・ヨークシャー州で作出されました。

当初は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」の犬種名で、被毛も現在のような直毛ではなく、ボサボサした被毛で体重が5㎏以上ある個体も多かったようです。

倉庫や工場などでネズミを追えるほど小さく活発だった為、労働者の市民に飼われており、愛玩犬としての需要はあまりありませんでした。

その後、交配を行い犬種として安定させ、滑らかな直毛を持つ、小さくて美しい犬になりました。

その結果、次第に愛玩犬として貴族など上流階級でも飼われるようになりました。

イギリスのドッグショーに19世紀中頃に初めて出展され、人々から『動く宝石』と呼ばれ、地位を確立します。

1870年頃から長い犬種名も短く略されることが増え、「ヨークシャーテリア」と呼ばれるようになりました。

アメリカには1872年に入り、イギリスのケネルクラブで1882年に公認されました。

その後、繁殖家達の改良により、さらに小型で、美しいヨークシャーテリアが生まれ、現在の形に固定されました。

日本では高度経済成長期の豊かな時代にポメラニアン、マルチーズとともに「座敷犬御三家」と称され飼われるようになりました。

現在でも世界中の人々に愛されています。

特徴、毛色の種類 

特徴 

ヨークシャーテリアはJKCが公認している犬種の中で、2番目に小さい犬種です。ちなみに1番小さい犬種はチワワです。

つぶらな瞳に顔の毛の量が多く、ピンと立った耳が特徴です。

対称に被毛が伸びており、真っ直ぐな直毛、滑らかな毛質で光沢があります。

サイズ 

体高 22.5~23.5㎝

体重 2.5~3.5㎏

毛色 

ヨークシャーテリアは一生の内に7回変化すると言われており、成犬になってからも毛色が変化する犬種です。

生後間もなくは毛色が黒く、成長していくと、頭の部分から褐色になり始めます。その後1年以上かけてダーク・スティール・ブルーに変化します。

毛色についてもう少し詳しく説明すると

☆ブラック&タン

子犬の頃はほとんどの個体の毛色の種類がブラック&タンです。全体的に黒が基調となっており、黄褐色の色が混じっている毛色です。この毛色が基本となり、徐々に毛色が変化していきます。

☆ブラック&ゴールド

徐々に毛色が変化し、ブラック&ゴールドという毛色になります。タンの部分が徐々に薄くなっていき、光沢のあるゴールドに変化していきます。

☆ブルー&タン

成犬になるとブルー&タンの毛色に一度落ち着く場合があります。ブルーとは光に当たると青みかがった黒色のことです。

☆ブルー&ゴールド

個体によってはブルー&ゴールドになるヨークシャーテリアもいます。綺麗なツヤのある青とゴールドの組み合わせです。この色から少しずつ毛色の種類が変わることがあります。

最後に 

もともとはネズミ退治のために作出されたヨークシャーテリア。 様々な交配や改良を経て、今では優雅な容姿で世界中の人々を魅了しています。