キャバリア4匹と…すが

キャバリア4匹と生活している動物大好き人間が、動物についてや日々の出来事等を書いています。

パピヨンの歴史、特徴、毛色について

みなさんこんにちは! 
すがです 

今回は絹糸のように滑らかな直毛、長い飾り毛のある大きな耳が特徴的な

パピヨンの歴史、特徴、毛色

についてお話します。

歴史

フランス原産のパピヨン。
祖先はスペイン原産のスパニッシュ・ドワーフ・スパニエル、及び北方スピッツ系であるとされています。

イタリアのボローニャで繁殖し、16世紀にはフランス国内に入り、王候貴族達に大変可愛がられました。

当時描かれた中世の肖像画にもパピヨンが多く描かれています。

フランスのルイ14世、ポンドゥール婦人、マリーアントワネットが可愛がっていたということも有名です。

初期のパピヨンは華やかな尻尾に注目が集まり、飾り毛のある尾がリスのようにカーブを描いていることからスカーレル・ドッグやスカーレル・スパニエルと呼ばれていたそうです。(スカーレルとはリスという意味)

当時は立ち耳と垂れ耳の2種類が存在していました。

立ち耳のパピヨンの交配を18世紀末頃から行い、イタリアやフランス、ベルギーでは19世紀頃から繁殖が行われ、スピッツを交配して大きな立ち耳となり、チワワとの交配で小さくなりました。

そして、現在のパピヨンに近い姿になり、人気が高まっていきました。この頃からようやく「パピヨン」という名前で呼ばれ始めます。

フランス語で「蝶」を意味する「papillon」という言葉が語源になっています。

20世紀に入るとドッグショーに頻繁に登場するようになり、人気が出てきました。

この頃はカラダが大きく、毛色はレッドのみだったようです。

その後品種改良され、カラダはひとまわり小さくなり、毛色の種類も増えていきました。

1910年代にアメリカに渡りました。

現在ではその可憐な姿で多くの人々を魅了しています。

垂れ耳のパピヨンも存在し、ファレン(フランス語で蛾という意味)と呼ばれています。

特徴、毛色の種類

特徴

手足が細く、耳と尾に長い飾り毛があります。

耳が大きく、長い飾り毛が特徴で、名前の由来通り蝶のようにひろがっています。

シングルコートで、滑らかな直毛が豊富に生えています。

ちなみにパピヨンがシングルコートなのは、家庭内で飼育しやすくなるように繁殖されてきたからだそうです。

頭が良く室内犬としては飼いやすい犬種です。

立ち耳の犬が多いですが、垂れ耳の個体についても認められています。

サイズ

体高 20~28㎝

体重 4~5㎏

犬種標準で体高は28㎝以下、体重は4~5㎏が適正とされています。

毛色

パピヨンは黒、茶、セーブルなどに白地が混ざっていればどのような色も認められています。

単色のカラーについては白であっても認められていません。

毛色は大きく2種類に分けられます。2色の「パーティーカラー」、3色の毛色が混じっている「トライカラー」です。

どの毛色でもおでこに「ブレーズ」と呼ばれる白い模様が左右対称に入っています。

生後間もなくはパーティーカラーでも、トライカラーになる個体もいます。

毛色についてもう少し詳しく説明すると

☆ホワイト&レッド

ホワイトが基調となり、顔や体の一部にレッド(赤めの茶色)が現れます。

レッド特有の明るい茶色は人気があります。

その後、セーブルになる個体もいます。

☆ホワイト&ブラック

白と黒のコントラストが特徴の毛色です。ホワイト又はブラックが基調となるパターンがあります。

「ブラックセーブル」と呼ばれる根本だけがセーブルの毛色も存在します。

☆ホワイト&セーブル

ホワイトを基調に顔や体の一部にセーブルが現れます。

セーブルはベージュに近い明るい茶色です。

更に明るい「レモンカラー」も存在します。

☆トライカラー

ホワイトを基調にセーブル・ブラックが混ざった3色の毛色です。

トライカラーには2種類あり、クラシックトライとハウンドトライです。

クラシックトライは黒が多く、目の上にタンがあります。

ハウンドトライはセーブルが多いです。

どちらも顔や体の一部にトライカラーの模様があります。

最後に

パピヨンは中世の絵画にも描かれるほど王候貴族に愛されました。

スピッツやチワワと交配し、現在の姿となり、可愛らしい見た目と飼いやすいという点から人気の犬種の一つとなっています。