キャバリア4匹と…すが

キャバリア4匹と生活している動物大好き人間が、動物についてや日々の出来事等を書いています。

狂犬病って何?予防接種の費用はいくら?

犬を飼っている方ならご存じの狂犬病の予防接種

私自身も犬を飼っており毎年注射をして貰っています。

あまりに溺愛しているせいか注射しているワンちゃんを見ると涙ぐんでしまいます…

そもそも狂犬病って何?
予防接種っていつ、どこで受けるの?

と疑問を持たれている方もいると思いますので、

今回は

狂犬病とは、予防接種にかかる費用

についてお話します。 

狂犬病とは

狂犬病ウィルスに感染した動物に咬まれたり、引っ掻かれたりして発症する病気です。

発症すると致死率がほぼ100%と言われています。医療が発達している現在でもほぼ100%というのは非常に恐ろしい病気だということがわかると思います。

海外では南極を除く全ての大陸で感染が確認されており、WHOによると近年の狂犬病の死者数は年間6万人以上と推定されています。

日本では1957年の症例を最後に狂犬病の国内報告はされていません。

症状

感染後、症状が出るまで1ヶ月から3ヶ月の潜伏期間があり、かまれた部分に痛み、しびれ、感覚麻痺等の症状があらわれます。

その後、初期症状として発熱、頭痛、悪寒などが数日から1週間程度続きます。

ウィルスが増殖すると意識障害や錯乱、幻覚、恐水症(水が恐くて飲めない、手が洗えない)などの神経症状が起こり、その後、全身けいれんや不整脈が起き死に至ります。

狂犬病の予防接種

これからご説明するのは犬の予防接種についてですので勘違いしないようにして下さい。

狂犬病予防法で飼主には狂犬病のワクチン接種が義務づけられています。

生後91日以上の犬は飼い始めてから30日以内に1回、その後、毎年1回予防接種を必ず行いましょう。

予防接種の時期

4月から6月の間に予防接種を行うのが基本です。居住地のある役所に飼い犬の登録をしておくと、毎年その自治体から狂犬病の予防接種のお知らせが届きます。

受ける場所

自治体が行う集団接種か動物病院で受けることが出来ます。

その際は必ず自治体から送られてくる狂犬病の予防接種のお知らせを忘れないようにして下さい。

集団接種の場合、多くの人や犬が集まるので犬によっては怯えたり、興奮したりする場合があります。そのため、注意が必要です。

又、予防接種により体調が悪くなったことがある犬は集団接種での注射が出来ず、動物病院で受けることになる場合があります。

私の飼っている犬も体調が悪くなったことがあり、その翌年からは動物病院で免疫を高める注射をして、後日狂犬病の予防接種を行いました。

かかる費用

集団接種の場合、自治体によって異なりますが、3000円程度

動物病院で受ける場合は病院によって料金が異なりますが、私の経験上、集団接種より割高です。

最後に

今回は狂犬病とは、予防接種についてお話ししました。

狂犬病は近年の日本では報告がありませんが、世界で見ると大変多くの人が感染し死亡している恐ろしい病気です。

大切なワンちゃんを狂犬病から守ることはもちろんのこと、飼い主やその家族、近所の人への感染防止のため必ず受けるようにしましょう!